人気漫画 銀魂

銀魂
「銀魂」(ぎんたま)は、英国の秋、空知による日本の男の子の滑稽な著作物です。
連続的に「毎週の男の子ジャンプ」(集英社)の2004 02よりそれを発表しています。
テレビ・アニメ作品「銀魂」(2006年4月から2010年3月まで、テレビ東京)は、放送されました。
そのうえ、アニメーション・ムービー「演劇のための銀の魂現代のバージョン・ルージュ桜の木」は
2010年4月24日に示されました。2011年4月4日から2番目に、アニメーションを放送しています。

エド時代の最後の年には、「神の意志と人間の情勢」(それを編まないとき)がそれを打つと
外国人は叫びました。
10の数年の間の外国人戦争の除外は、すぐに地球人と神の意志と人間の情勢の間で起こります。
多くは、サムライです。外国人愛国者の除外は、神の意志と人間の情勢で戦いに参加しました。
しかし、明らかに神の意志と人間の情勢の攻撃性を受け入れます。
そして、優柔不断になった幕府は神の意志と人間の情勢の強国を見るために国を開きます。

そして、幕府は神の意志と人間の情勢による傀儡政府になりました。
そして、神と人々は所有顔とともにエドの町を大股で歩きに来ました。
他方、神と人々と対立している外国人愛国者の除外は国と支配者のための抑圧の標的になって
剣の個人的な所有を禁止している法によって剣を最も失いました。
そして、他のサムライは戦うために意志力を失いました。