黒子のバスケ

黒子のバスケという作品があります。 これは週刊少年ジャンプに連載しているものです。 略称「黒バス」。 物語「第○Q」(4分の1)の数の単位。製品の中にやって来た線が、副題のために使われます。 14のボリューム現在、500万部の合計を超えます。 テレビがそれになっている「週刊少年ジャンプ」2011年4月で漫画を活気づけると発表されました。 2012年4月からそれを放送するつもりです。
単独で天才が「キセキの世代」と呼ばれて同じ時間で特に10年存在した5人バスケットボールの熟練した選手として知られている帝光中学校は、無敗の記録を自慢しました。 時間は経ちました。 そして、彼らは各々によってハイスクールに入学しました。 しかし、「キセキの世代」には変な噂がありました。 別のものがあったとき、彼らの「幻の6人目」がいたと…。
こういった内容のものになっています。 これは簡単に言うとバスケットの漫画です。 この作品にはいろんな技が登場してくるのでちょっとばかり変わったような感じをうけます。 私が知る範囲で技が出てくるバスケ物はないですからね! そういった点でもこの作品はちょっと変わったものなので普通の奴に飽きたのならちょうどいいように感じます。