人気漫画 ZETMAN

ZETMAN
「ZETMAN」(Z人)は、桂正和による日本のSFマンガ作業です。
完全な仕事と連載作業が、存在して、連載作業の上で主に
この節(後の説明に完全な小説について問い合わせます)で、それを記述します。

青年最初の連載作業で、2002 48インチ「毎週の若者はとびます」(集英社)より連続的にそれを発表します。
連載は、2006年6月からおよそ1年の間、2007 publishmentの長期の中止の後の26より再開します。
第16巻は若者ジャンプ・コミック(YJC)から発表されます。
そして、本は2008年8月までに2,500,000部の合計を超えます。
2012年4月よりアニメーション・テレビは、それを放送しそうです。

とても開発されるテクノロジーが重要であるとき、ステージは現代の(または近い将来)もののその日本です。
大企業「アマギコーポレーション」と「プレーヤー」の全く秘密の研究によって生み出される
新しい生命体「Z E T」とアマギの研究によって同様にもたらされた白人の帽子「アル・ファス」に関する記事は
アマギの立派な家族の「コウガ」からのホームレス「ジン」とそれの社長の息子の回りに描かれます。
fragmentarilyに記憶で20年以上の間記事を引いて、物語の全容をまだ示しません。